ドラッグストア向け薬剤師転職エージェントランキング

ドラッグストアの薬剤師になるなら転職エージェント

ドラッグストアの薬剤師求人を探す方法としてお勧めなのが、薬剤師専門の転職エージェントの活用です。例えば転職業界大手のリクルートグループが運営しているリクナビ薬剤師であれば下記のように、調剤併設のドラッグストアで8,479件、OTCのみのドラッグストアで2,034件の求人が公開で出ています(※実際はこれに非公開求人が登録後に追加されるのでもっと求人数はあります)。


(参照:リクナビ薬剤師※求人検索結果)

上記のサイトを見るとわかりますがドラッグストアの薬剤師募集で検索したあとに、「高額給与」「未経験者歓迎」「土日休み」などで条件検索もできますし、エリア的にも全国にネットワークがあって地方の薬剤師求人もカバーしています。担当スタッフも薬剤師の転職に精通していますので、転職の悩みや不安にも対応してもらえます。まだ薬剤師転職エージェントに登録していない方は下記のエージェントランキングをチェックしましょう。

ドラッグストアに強い薬剤師転職エージェントランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・東証一部上場のリクルートグループの運営している薬剤師転職エージェント
・利用者のうち、大半がドラッグストアか調剤薬局で転職成功できています。
・ネットワーク網が豊富で、登録して3日で転職先が見つかった、という事例もあります。



薬キャリ ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・東証一部上場しているエムスリーグループが提供している、薬剤師転職エージェント。
年間で、7200人以上の薬剤師が登録している、業界トップクラスのサイトです。
入職後の顧客満足度は90%超えで、ドラッグストアへの転職も簡単!



マイナビ薬剤師 ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
厚生労働大臣が認可している転職エージェントなので、転職活動も安心してできます。
・利用した薬剤師の中でドラッグストアへ転職した事例も多く、顧客満足度の高さも魅力。
全国を網羅するネットワークを保有しているので、どの地方でも素早く対応可能。



ファゲット ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
キャリアアップを希望する薬剤師の転職をサポートしてくれる「ファゲット」。
コンサルタントがマンツーマンでサポート。お祝い金がもらいる可能性もあり!
・小規模の転職エージェントであるため、細やかなサポートができ、人気も高いです。



ファルマスタッフ ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
大手調剤チェーンの日本調剤が母体となっている、転職エージェントです。
ネットワークを生かした豊富な求人情報を用意しておりドラッグストアも対応。
・就業先に、キャリアコンサルタントが直接訪問して、現場の生の声を集めています。



ドラッグストアは薬剤師の人気の転職先!



薬剤師の就職先はいくつかありますが、調剤薬局・病院とならんで人気なのがドラッグストアです。皆さんの自宅の周辺をイメージしてみてください。近所にドラッグストアがあるという人も多いはずです。大手のチェーン店を始めとして日本全国にドラッグストアをは点在しています。ドラッグストアでは最近、調剤のできるスペースを用意しているお店も増えており、そこでお客さんから処方箋を受け取って薬の調合をし処方するスタッフの募集をしているケースがあります。またOTC販売のスタッフを募集する求人も見られます(※市販の医薬品をお客さんに紹介する薬剤師のことをOTC販売スタッフと言います)。採用数の多さというのがドラッグストアが薬剤師の人気の転職先になっている理由の1つでもあります。

また、ドラッグストアの中には深夜営業や24時間営業をしているお店もあります。このため早朝や夜間に仕事をしてくれる人材を募集するケースがあり、特にパートなどのスタッフも募集しているところが多いため、自分のスケジュールを尊重しながら働くこともドラッグストアでは可能です。病院薬剤師などではやはり常勤が多くなるなかでこのように働き方を選べるというのも人気の理由です。もちろんドラッグストアには正社員の求人もあり、正社員として就職できれば将来にわたって安定した収入が確保され、ボーナスや昇給のことを考えるとできることならフルタイムで仕事をした方がいいですし、社会保険などの保障も受けられるので安心して仕事もできます。働き方という意味では選択が可能です。

ドラッグストアで正社員薬剤師への「道」



ドラッグストア薬剤師の中にはいきなり正社員として仕事をするパターンがある一方で、まずはパートやアルバイトとして採用され、そしてその後正社員に登用されるケースもあります。人の入れ替わりも激しいのできちんと適性を見るために、まずは準社員として仕事をしてもらって、店舗の雰囲気やカラーになじむ人材であればその後正社員として採用するわけです。このような案件の場合、バイトやアルバイトでも「正社員登用あり」などと求人情報に書かれています。

正社員登用の可能性のある案件は働く側にもメリットがあります。パートやバイトとして入って実際に仕事をしてみることで、正社員として今後長く仕事ができるかどうかを確認できるからです。もし「自分には合わない」と感じるのであれば、店側から正社員として仕事をするように打診を受けたとしても断ることができます。

そんな様々な「道」があるドラッグストアで正社員薬剤師への転職ですが、ドラッグストア薬剤師として正社員で就職したいと思っているのであれば、自分の力だけでなく専門家のサポートも得た方がより納得できる就職先が見つかる可能性は高くなります。最近ではリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師のような薬剤師の転職に特化したエージェントもいろいろと登場しています。このような転職エージェントには、ドラッグストア薬剤師の求人情報が多数掲載されています。非公開求人も多数あって、その中には好条件の求人も少なくありません。転職の専門家であるキャリアコンサルタントのサポートが受けられますし、給料などの条件交渉もキャリアコンサルタントが引き受けてくれますので、納得できる条件に交渉してもらった上で就職することが可能です。リクナビ薬剤師を利用した人の中で25%程度の人が、「年収アップに成功した」というデータもあり、ドラッグストアへの転職を希望する薬剤師にとって心強いでしょう。


Copyright (C) 2015-2018 ドラッグストア向け薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.